ログイン・会員登録
ログイン・会員登録メールフォームへ

SPECIAL FEATURE 特集ページ

Galleria degli Uffiz ウフィツィ美術館 -メディチ家の至宝たち-    

Galleria degli Uffiz ウフィツィ美術館メディチ家の至宝たち

世界で最も歴史ある美術館のひとつであるウフィツィ美術館では、メディチ家によって3世紀以上に渡り収集されたコレクションを見ることができます。今年の秋には東京でウフィツィ美術館の展覧会が開催され、イタリアルネサンスの絵画をはじめとした貴重なコレクションが公開されます。今回はウフィツィ美術館の歴史と所蔵品の一部をご紹介します。



ウフィツィの歴史

ウフィツィの歴史

初代トスカーナ大公であるメディチ家のコジモ1世は、1560年に司法や行政に関する事務所として「ウフィツィ」の建設を命令しました。建築家には、芸術家で建築家のジョルジョ・ヴァザーリが任命され、ヴァザーリの死後ベルナルド・ブオンタレンティによって完成されました。

イタリア語で「ウフィツィ」は「オフィス」を意味するように、文字通り事務所として建てられたウフィツィでしたが、コジモ1世の息子であるフランチェスコ1世は1581年にウフィツィの中にメディチ家の美術品を展示し、ギャラリーを設置させます。ここにウフィツィ美術館の原型が完成しました。

繁栄を誇ったメディチ家でしたが、18世紀についに途絶えてしまいます。メディチ家の血を引く最後の人物であるアンナ・マリーア・ルイーザ・デ・メディチは、集められたメディチ家の宝物や美術品がフィレンツェにとどまり、一般の人々に公開されるようにという遺言を残し1743年に亡くなりました。その遺志が受け継がれ、その後ウフィツィ美術館として一般公開されるようになりました。

  • ジョヴァンニ・ディ・ビッチ・デ・メディチ(1360-1429)銀行業でフィレンツェにおけるメディチ家の繁栄を築いた。

  • コジモ・デ・メディチ(1389-1464) コジモによってフィレンツェでのメディチ家の権力は確立した。フィレンツェのルネサンスにおける重要な役割を果たした。

  • ピエロ・ディ・コジモ・デ・メディチ(1416-1469) コジモの息子。ボッティチェリなど有名な芸術家を見出し、パトロン活動を行った。

  • ロレンツォ・デ・メディチ(1449-1492) ルネサンス文化はロレンツォのもとで最大の繁栄を遂げる。

  • コジモ1世(1519-1574) 初代トスカーナ大公。ウフィツィの建設を命じる。

  • フランチェスコ1世(1541-1587) フランチェスコ1世によって、ウフィツィ美術館の原型ができる。

  • ヴァザーリによって設計されたウフィツィの外観のデッサン

  • ベルナルド・ブオンタレンティ (1536-1608) ヴァザーリの死後、ウフィツィの建物を完成させた。

  • アンナ・マリーア・ルイーザ・デ・メディチ(1667-1743) 最後のメディチ家の人物。

  • 現在のウフィツィ美術館の外観

  • ウフィツィ美術館内、「トリブーナ」と呼ばれる部屋

  • 美術館内の回廊部分

中世ゴシック美術

中世ゴシック美術

ウフィツィ美術館の目玉のひとつに、中世後期の素晴らしい宗教画のコレクションがあります。中でもルネサンス美術の先駆者とも言われるジョット・ディ・ボンドーネの作品などをはじめとする、ゴシック美術の数々を見ることができます。

「国際ゴシック」と呼ばれる、煌びやかで繊細優美な特徴を持つ芸術様式が14世紀~15世紀頃にヨーロッパ各地で見られました。特にトスカーナ地方ではこのようなゴシック様式がこの時代の主流でありましたが、次第にルネサンス様式の流行と共に移り変わっていきました。

  • Giotto di Bondone, 'Madonna and Child Enthroned', c.1300-03

  • Giotto di Bondone, 'Badia Polyptych', 1301-1302

  • Duccio di Buoninsegna, 'The Rucellai Madonna'

  • Gentile da Fabriano, 'Adoration of the Magi', 1423

  • Lorenzo Monaco, 'The Adoration of the Magi', 1422

  • Rossello di Jacopo Franchi, 'Madonna of Humility'

  • 'Andrea di Cione and Jacopo di Cione,'Triptych with Stories of St Matthew'

  • Bonaventura Berlinghieri, 'The Crucifixion with Holy women, mourners, Christ on the Road to Calvary and the Deposition'

  • Nardo di Cione, 'The Crucifixion with mourners and St. Mary Magdalene'

  • Agnolo Gaddi, 'Crucifixion'

  • Niccolo Bonaccorsi, 'The Presentation of the Virgin at the Temple'

  • Jacopo Bellini, 'Madonna and Child'

ルネサンス

ルネサンス

フィレンツェの地で繁栄し、経済的・政治的実権を握っていたメディチ家は、ルネサンス芸術の最大の庇護者で発展の中心的な役割を果たしたと言われています。特にフィレンツェにおける成功を遂げたジョバンニ・ディ・ビッチ、そしてその息子や孫の代のコジモ、ピエロ、ロレンツォたちは同時代の芸術家たちを見出し、保護したことで知られています。

メディチ家によって依頼され製作された、レオナルド・ダ・ヴィンチやボッティチェリ、ミケランジェロなどによるルネサンスの名画たちは、今でもウフィツィ美術館のコレクションの中核を占めています。

  • Filippo Lippi, 'Incoronazione Maringhi or Coronation of the Virgin', 1441-1447

  • Andrea Verrocchio & Leonardo da Vinci, 'The Baptism of Christ by John the Baptist', c.1475

  • 'Leonardo da Vinci, 'Head of a Young Woman'

  • Piero della Francesca, 'Portraits of Duke Federico da Montefeltro and Battista Sforza', c.1465

  • Leonardo da Vinci, 'Annunciation' c.1472-5

  • Andrea Mantegna, 'Adoration of the Magi', c.1466

  • Paolo Uccello, 'The Battle of San Romano', c. 1440

  • Sandro Botticelli, 'The Birth of Venus', c.1485

  • Giovanni Bellini, 'Sacred Allegory', c.1487

  • Michelangelo Buonarroti, 'The Holy Family with St.' ca. 1505 - 1507

  • Titian (Tiziano Vecellio) , 'Venus of Urbino', c. 1538

  • Agnolo Bronzino, 'Portrait of Eleanor of Toledo (Alba de Tormes, 1522 - Pisa, 1562) with her son'

ルネサンス以降

ルネサンス

イタリア・バロック絵画を代表する芸術家、カラヴァッシオの作品はウフィツィ美術館内の「カラヴァッジォの間」に所蔵されています。カラヴァッジオはその生涯でフィレンツェにはあまり接点が無かったと考えられていますが、1600年代には、かの有名な「メドゥーサ」を含む作品がメディチ家にコレクションされていたようです。

その他、レンブラントをはじめとする17-18世紀のオランダ絵画など、18世紀頃までのイタリア国外の絵画を含む多くの美術品が所蔵されています。

  • Guido Reni, 'David with the head of Goliath', 1606

  • Michelangelo Merisi da Caravaggio, 'Bacchus', c.1595

  • Michelangelo Merisi da Caravaggio, 'The Sacrifice of Isaac', 1603

  • Artemisia Gentileschi, 'Judith and Holofernes', c. 1621

  • Alessandro Allori, Portrait of Torquato Tasso

  • Sir Anthony van Dyck, 'Emperor Charles V on Horseback', 1620

  • Sebastiano Ricci, 'Allegory of Tuscany', c.1706

  • Peter Paul Rubens, 'Self Portrait', 1623-25

  • Rembrandt van Rhijn, 'Portrait of a Young Man', ca 1639

  • Jean-Étienne Liotard, 'Portrait of Maria Adelaide of France in Turkish Dress', 1753

  • Canaletto, 'Ducal Palace, Venice', c.1755

  • Jean Baptiste Siméon Chardin, 'Young Girl building a house of cards'

過去の特集
お問い合わせ・ご相談無料

お電話でのお問い合わせ 03-3264-3761 受付時間:月〜金 10時〜19時

メールフォームへ