ログイン・会員登録
ログイン・会員登録メールフォームへ

SPECIAL FEATURE 特集ページ

motif 装飾美術のモチーフ    

motif 装飾美術のモチーフ

古今東西、多種多様な装飾が服飾・建築・実用品などに施されてきました。装飾の模様にはそれぞれ象徴するものがあり、人々の思いが込められています。この度は、私たちの文化と暮らしを彩る装飾美術のモチーフをご紹介いたします。

参考文献

サイン・シンボル大図鑑/三省堂

すぐわかるヨーロッパの装飾文様/東京美術



植物

植物

植物は衣食住、医療など、あらゆる面で人の生活と密接に関わっているため、モチーフとしても古来より装飾に取り入れられてきました。
アカンサスはアザミに似た深い切れ込みのある葉が特徴的で、和名ではハアザミと呼ばれます。日本ではあまり馴染みのない植物ですが、ヨーロッパでは古くから普遍的に用いられてきた意匠です。古代ギリシャ・ローマ以来、柱頭装飾として定着し、建築物や家具、工芸品、テキスタイルなど様々なものにデザインされています。近代デザインの父、ウィリアム・モリスも好んで図案化し、壁紙のデザインに取り入れました。現代では、日本の一万円札や賞状の縁に見ることができます。葉は知恵と技芸を象徴し、ギリシャの国花にもなっています。

  • Dish, Chinese School, Yuan Dynasty, 1279-1368

  • Armchair, by Louis Majorelle (1859-1926), France, c.1900

  • Bowl with floral medallions, c.1662-1722, Chinese School, Qing Dynasty

  • Wallpaper Design with Acanthus/Woodland colours, 1875, Morris, William (1834-96)

  • The Vakil Mosque, courtyard, marble dado, Masjid-i-Vakil, Shiraz, Iran

  • Black-and-White Flower Powder Compact, 1940s, American School

  • Pair of Cherokee moccasins, American School

  • Covered bowl with lotus design, c.1821-50, Chinese School, Qing Dynasty

  • Wall Tile, Ilkhanid dynasty, late 13th to early 14th century, Persian School

  • Tile, Cuerda seca technique, Mughal, Lahore, India, 17th century

  • Cup in the form of an anemone in glass paste, by Albert Dammouse (1848-1926), France, 19th century

  • Model of bed with headboard decorated with coral flowers, partially gilded wrought iron, Italy, 17th-18th century

  • Vase, c.1895, Hanzan, M.

  • Magnolia Lamps, 1903, Majorelle, Louis (1859-1926) & Daum, Auguste (1853-1909)

  • Aster pattern plate, late 17th to early 18th century, Chinese School, Qing Dynasty

  • Woman's munisak (shown inside out), probably Uzebek, late 19th-early 20th century

動物

動物

ギリシャ語でキリストを示す文の頭文字が「魚(イクトゥス)」になるため、初期キリスト教美術では魚がキリストの象徴として多用されています。また、中国では「魚」は「余」と同じ発音のため、ゆとりある暮らしに通じ、吉祥文様として使用されます。同じモチーフでも、込められた意味、象徴するものは文化によって異なります。
一方、同じ模様でもモチーフが異なることもあります。「ヘリンボーン(ニシンの骨)」は現代でも敷石やツイードのセーターなどの柄に見ることができますが、同様の模様は日本では「杉綾紋」と呼ばれ、その名からわかるように、杉の葉をモチーフとしています。その他にも英語圏で「ハウンドトゥース(犬の歯)」と呼ばれる模様は、日本では「千鳥格子」という名がつけられています。

  • Table, Vashkov, Sergei (1879-1914)

  • Triangular scarf or fichu, detail. Needle lace. France, c.1805-10

  • 7th century silver brooch in the shape of a horse, Italy, Longobard civilization

  • Bowl, Mexico, c.600-900, Mayan

  • Fish Slice, c.1824, Kirk, Samuel (1793-1872)

  • Butter dish with lid in shape of turtle, Thuringia, Germany

  • Storage Bag, Potawatomi Culture, c.1890, Native American

  • Butterfly-shaped snuffbox with carillon and self-winding watch

  • Heraldic Lion Dish, by Thomas Toft, Staffordshire, England, c.1675

  • Ornamental hair combs. Lacquer. Japan, 19th century.

  • Dagger with an animal head handle, Indian School, 18th century

  • Figure of cranes, detail of motifs for covering fabric, 19th-20th century, Meiji-Taisho period

  • Fibula in shape of an eagle, Visigothic civilization

  • White limestone window screen in the shape of birds, possibly peacocks

  • Perfume spoon in the shape of a gazelle with bound legs, Egyptian, New Kingdom, c.1567-1085 BC

  • Frog Pendant, c.1300-1500, Chiriqui Culture

架空の生物

架空の生物

世界中の神話や伝説に登場する龍(竜)はヨーロッパでは悪魔的なイメージと聖性を併せ持つモチーフです。キリスト教的世界観では異教の象徴であり邪悪な存在として用いられることが多いですが、ウェールズの国章「赤い竜(ア・ドライグ・ゴッホ)」や北欧のヴァイキング船の舳先、教会の棟飾りなどにみられるように、保護と幸運を象徴する守護者でもあります。
中国をはじめとする東アジアでは、龍は霊獣として崇められ、権威の象徴です。日本では水の神や雨の神としても信仰され、寺社建築に彫刻が施されています。吉祥文様として身近なものの装飾にも多用されてきました。

  • Bowl, c.1662-1722, Chinese School, Qing Dynasty

  • Water jug in the shape of a griffin, early 12th century

  • Asafo Company flag, south-western Ghana, African, 20th century

  • Nereid on Ketos, c.130 BC, Roman

  • Netsuke carved in the shape of a mermaid, Japanese School

  • Coats of arms, The French Hospital, Rochester, Kent, UK

  • Pendant in the form of a curling dragon, Chinese School, Eastern Zhou Dynasty, 770-221 BC

  • Dragon of Marduk, on the Ishtar Gate, Neo-Babylonian, 604-562 BC

  • Rython with protome in shape of winged sphinx, Bulgaria, Thracian Civilization, 4th Century BC

  • The Mermaid Dish, Staffordshire, c.1670-89, Toft, Thomas

  • Prayer book, England, c.1625

  • Gold armlet with terminals in the form of griffins, the Oxus treasure

  • Roundel with feng-huang and tree peony, Chinese School, 17th century

  • Door knocker, Lima, Peru

  • Mirrors in the Chippendale style, 18th century

  • Grotesques, illustration from the Jewish Cervera Bible, 1299

幾何学模様

幾何学模様

幾何学模様とは直線や曲線、図形などによって構成された抽象的な模様です。縦横斜めに連続あるいは放射状に無限に広がり、繰り返されることで生じる連続性のおもしろさがあります。抽象的な幾何学図形を繰り返す連続模様は世界各地でみられ、アラベスクはイスラムの代表的な模様でモスクや宮殿の建築装飾、カーペットや陶磁器などに用いられています。
幾何学模様はヨーロッパ各地で最も早くから出現していた模様でもあり、青銅器時代には多種多様な幾何学模様が登場しています。金属器に施された模様には装飾以外にも呪術的な意味が込められていたといわれています。

  • Detail of a window, Madrasa El-Teibarsiyeh, 1309, Islamic School

  • Bowl, 10th century, Persian School

  • The Friday Mosque, West Iwan, decorative tilework

  • Gold-plated wooden box, Greece, Mycenaean Civilization, 16th Century BC

  • Eastern Woodlands geometric basket, American School, 18th century

  • Patchwork and purple stripy quilt, c.1895-1900, English School

  • Woman's Scarf, c.1925

  • Glazed tile,Alhambra, Granada, Andalucia, Spain, 14th century

  • Skyphos with geometric decoration, protogeometric period, early Iron Age

  • The Friday Mosque, gateway entrance, vault of muqarnas

  • Pre-Inca civilization, Peru, fabric with geometric patterns, Paracas necropolis period

  • Bowl with geometric decorations engraved and painted, Peru

過去の特集
お問い合わせ・ご相談無料

お電話でのお問い合わせ 03-3264-3761 受付時間:月〜金 10時〜19時

メールフォームへ