ログイン・会員登録
ログイン・会員登録メールフォームへ

SPECIAL FEATURE 特集ページ

Millet and The Barbizon School    

Millet and The Barbizon School

来年2014年、ジャン=フランソワ・ミレー(1814-1875)の生誕200年を記念してミレーの展覧会が各地で予定されています。パリの郊外、バルビゾンの村に住み農民の姿やフォンテーヌブローの森を描いたミレー。その静謐な作品は今でも見る人に感動を与えることでしょう。今回はミレーの作品と関連する絵画作品をご紹介いたします。



ジャン=フランソワ・ミレー

ジャン=フランソワ・ミレー

1814年ノルマンディー地方の村グリュシーに農家の息子として生まれたミレーは、22歳の時にエコール・デ・ボザールに入学、当時の有名画家ポール・ドラローシュに学びました。肖像画家としてキャリアをスタートし、パリに移った画家はそこで後にバルビゾン派を共に始めた画家達と交友を深めます。1849年、ミレー一家は急激に都市化するパリから離れ、フォンテーヌブローの森に隣接する村バルビゾンへ移住し、その後、現在最も知られている「晩鐘」や「落穂拾い」などの作品を制作しました。

  • ミレー31歳ごろの自画像

  • ポール・ドラローシュ(イッポリト・ド・ラ・ローシュ) (1797 - 1856)

  • Delaroche, Hippolyte (Paul) 'The Execution of Lady Jane Grey' 1833 (oil on canvas)

  • ミレーの最初の妻ポーリーヌ=ヴィルジニー・オノの肖像。若くして亡くなる。

  • Susanna and the Elders, Jean-Francois Millet, c.1846-49 ミレーも始めは神話画などを描いていた。

  • The Winnower, Jean-Francois Millet, c. 1847

  • Woman Grazing her Cow, Jean-Francois Millet, 1858

  • The Potato Harvest, Jean-Francois Millet, 1855

  • The Gleaners, Jean-Francois Millet, 1857

  • The Hay Trussers, Jean-Francois Millet, 1850-51

  • The Angelus, Jean-Francois Millet, c1857-1859

  • The Woodcutters, Jean-Francois Millet

  • Peasant Woman washing Clothes, Jean-Francois Millet, 1861

  • The Knitter or, The Seated Shepherdess, Jean-Francois Millet, 1858-60

  • The Sower, Jean-Francois Millet, 1865-66

  • The Knitting Lesson, Jean-Francois Millet, c.1860

フランス写実主義

フランス写実主義

1840年代フランス革命は終息し、フランスにおける貴族文化の終焉、その後の民主化への改革の風潮は芸術の面でも同じでありました。そしてこの時代フランスのアカデミーの教育で主流であった神話や歴史に関する題材ではなく、彼らの生きる時代をありのままに描く画家達が現れました。彼らはアカデミック芸術の理想化された姿に対し異論を唱え、現実の世界、特に労働者階級の生活や農村風景などを多く描きました。写実主義の画家とも言われるミレー。彼も現実の農村の貧しい労働者達の働く姿や彼らの生活に深遠な意味を込め描いたようです。

  • Funeral at Ornans, Gustave Courbet, c1844

  • La Rencontre, or Bonjour Monsieur Courbet, Gustave Courbet, 1854

  • L'Aumone d'un Mendiant, Gustave Courbet

  • The First Class Carriage, Honore Daumier, 1864

  • The Second Class Carriage, Honore Daumier, 1864

  • The Third Class Carriage, Honore Daumier, 1864

  • Window Shopping, Honore Daumier, 1856-60

  • Pyrenees Farmers Market Bound, Rosa Bonheur, 1884

  • Ploughing in the Nivernais, Rosa Bonheur, 1850

  • The Haymakers at Rest, Jules Breton, 1873

  • The Crepe Seller on Market Day in Quimperle, Jules Trayer

  • The Old Musician, Edouard Manet, 1862

バルビゾン派

バルビゾン派

19世紀初頭、新古典主義美術が主流であったフランスの画壇において、風景画のジャンルは神話や歴史画に対して二次的なものであり評価は全く低いものでした。しかし、1824年のパリのサロンに出典されたイギリスの風景画家ジョン・コンスタブルの絵画の影響などによって、フランスの若い画家達の間で自然を描く風景画に対する熱狂が生まれました。そんな画家達にとってパリ郊外にあるフォンテーヌブローの森は恰好の仕事場となり、近隣の村バルビゾンに住みついたミレーやテオドール・ルソー、そしてフォンテーヌブローの森で働いたカミーユ・コローなどを筆頭とする画家達はバルビゾン派と称されるようになりました。

  • Boat building near Flatford Mill, John Constable, 1817

  • he Forest at Fontainebleau: Morning. Pierre EtienneTheodore Rousseau, 1849-51

  • Cattle at the Trough, Rousseau, Theodore, 1950s

  • In a Corner of the Forest, Jules Dupre

  • Crossing the Bridge, Jules Dupre, 1838

  • Recollections of Mortefontaine, Jean Baptiste Camille Corot, 1864

  • Bell tower in Argenteuil, Jean Baptiste Camille Corot, 1870s

  • View in the Campagna, Henri-Joseph Harpignies

  • Le Pont Canal a Briare, Henri-Joseph Harpignies, 1888

  • Pastoral Scene, Constant-Emile Troyon

  • The Flock Leaving, Charles Emile Jacque

  • Shepherdess with a Child and Two Sheep, Charles Emile Jacque

過去の特集
お問い合わせ・ご相談無料

お電話でのお問い合わせ 03-3264-3761 受付時間:月〜金 10時〜19時

メールフォームへ