ログイン・会員登録
ログイン・会員登録メールフォームへ

SPECIAL FEATURE 特集ページ

深まる秋、学びの歴史

深まる秋、学びの歴史

楽しかった夏休みも終わり、学生たちは新学期の教室や新しい環境で学んでいます。
みなさんも学生の頃のそんな時期を思い出すこともあるのではないでしょうか。
学校の歴史は古代にさかのぼります。
文明の発展と共に、宗教や哲学などを中心とした英知の伝授が教育を介して次の世代へと行われてきました。
時代が下るにつれ、教育やその方法は時代の思潮や歴史を通じ、国や文化によってその制度は異なりますが、現在のような形へと変化してゆきました。
私たちも日々ニュースや新聞で目にするように、学校の在り方は現在も刻々と変化しているようです。
今回はそんな教育の歴史の一部分をご紹介いたします。

教育の始まり

教育の始まり

古代から賢者や知識人、宗教的指導者たちが弟子や人々を集め、教育を行ってきました。
特に古代中国やインド、古代ギリシャ等、また古代ローマにおいて哲学や宗教、そして自然科学の発展と共に制度化された教育が行われるようになります。
特に古代ギリシャの哲学者プラトンの創設した私塾アカデメイアや、アリストテレスのリュケイオンの教育は西洋教育のルーツとなりました。
世界各地の文明の地には様々な教育機関や制度が起こったようですが、現在の教育に直接的に繋がる大学Universitas制度の始まりは11世紀から12世紀にさかのぼります。
イタリアのボローニャ大学に始まり、イングランドのオックスフォード大学、フランスのパリ大学などが開設され、神学や法学、医学、哲学、学芸を中心とした教育がされました。

  • ナーランダー遺跡。 インドに位置する古代遺跡。紀元前5世紀ごろの仏教の学院であった。

  • 孔子とその教え子たち

  • アカメディア プラトンとその教え子たち

  • カイロのアル=アズハル大学。世界最古の大学の内の一つ

  • Relief depicting a school scene, from Neumagen (stone) / Gallo-Roman, (2nd century AD)

  • 生徒を教えるピタゴラス

  • 神学の授業

  • パリ大学

  • サラマンカ大学での講義

  • ボローニャ大学の生徒

  • オックスフォード大学

  • 大学で講義を受ける生徒の様子 1614年

啓蒙思想と教育

啓蒙思想と教育

17世紀後半から18世紀にかけヨーロッパでは啓蒙思想が広まりました。
イギリスのジョン・ロックに始まった啓蒙思想における人間が共通の理性を有しており、その理性によって世界の法則を認識する事ができるという考えは、教育のあり方にも反映されることになります。
この考えは、今まで主に特権階級に所属する人々や、男性のみに限られていた教育は、そのような階級や性差に関わらず開かれるべきものであるという、近代の教育制度の中心の精神を形成しました。
しかし、実際にヨーロッパに制度化された公共教育を行う学校ができ始めたのは、19世紀でした。
それに続き世界各地で、それぞれの制度の基学校教育の制度ができてゆきました。

  • Portrait of the physician and philosopher John Locke (1632-1704) / Sir Gotfrey Kneller

  • 実験哲学の講義 18世紀

  • An Experiment on a Bird in the Air Pump / Joseph Wright 1768

  • 若きルイ15世の教育。 教育は18世紀では、まだまだ特権階級のものに限られていた。

  • 18世紀の講義室、フランス

  • Meeting of the Academy or, Natural History Examination in Venice / Italian School

  • School of Mutual Education / French School

  • フランス 19世紀

  • 家政学の授業

現在の学校

現在の学校

現在では先進国を始め、世界の多くの地域において、義務教育そしてその後の高等教育や専門教育の制度が敷かれ、子供たちや多くの若者が日々学んでいます。
しかし、同時にそのような教育の機会を国の経済状況や政治的状況により、当たり前に受けることのできない子供たちも存在し、そのような子供や若者に対して支援を行う活動が世界各地で行われています。
その一方、現在の教育の現場ではテクノロジーの発展により、授業にはパソコンや最新の電子機器が導入され、従来の本と机に向かって勉強をするスタイルや、学習内容に変化が生まれてきているようです。

  • テントの学校で授業を受けるパレスチナの生徒たち。イスラエルによって、この特定の地域のパレスチナ人は建造物を建設する事が禁じられている。

  • シャン族の難民の子供たちに授業をする僧侶。タイ。

  • アフガニスタン、カブールにて。NGO団体の運営する学校にて教科書を読む女子生徒達。

  • インドネシア、イスラムの子供たちの授業風景。

  • マラウィの授業風景。

  • イギリス、アートワークショップに参加する生徒たち。

  • ブルネイ、教室でお茶を配る生徒の様子。

  • 中国、新学期に教室で目に効くツボを生徒に教える先生。

  • ぺルーの学生と先生。

  • アメリカの小学校4年生の生徒たち。パソコンで作業を行っている。

  • 新しいテクノロジーを使って授業を行う機会も増えてきている。

  • 中国、アラビア語のクラスを受ける生徒たち。

過去の特集
お問い合わせ・ご相談無料

お電話でのお問い合わせ 03-3264-3761 受付時間:月〜金 10時〜19時

メールフォームへ