ログイン・会員登録
ログイン・会員登録メールフォームへ

SPECIAL FEATURE 特集ページ

The Beatles! Glad It’s Your Birthday!

The Beatles! Glad It’s Your Birthday!

今年はイギリスのロックバンド、ザ・ビートルズ結成から50年を記念する年です。
彼らの存在はロック/ポップ音楽の歴史においてのみならず、現代の歴史の一つの重要なアイコンと言えるでしょう。
現在でもその人気が衰えないザ・ビートルズ。彼らの結成の歴史、そしてその時代をご紹介いたします。

ビートルズの誕生

ビートルズの誕生

1957年、イギリス、リバプールでジョン・レノンとポール・マッカートニーが出会います。
その後ジョージ・ハリソンがジョンとポールのバンド、The Quarry Menに参加。
様々なバンドグループ、そして何度かメンバーの入れ替わりを経て、1962年8月、今からちょうど50年前、ドラムのリンゴ・スターが正式に加入、そしてこの4人のメンバーとしてのThe Beatlesがここに誕生します。
その後、次々と’Love Me Do’や’Please Please Me’, ‘She Loves You’といった有名な曲をリリースし、その人気はイギリス国内から世界へと広まります。
ビートルマニアと呼ばれる熱狂的なファン達が現れ、1960年代ビートルズの人気は音楽シーンだけではなく、社会現象となりました。

  • 今では当たり前となった、男子4人組のボーイバンドの形態を定着させたのはビートルズだと言われている。

  • 1961年に撮影された、ビートルズの前身となったQuarry Menの写真。

  • ビートルズの有名な髪型はビートルカットと呼ばれた。

  • 1962年、ビートルズが初登場した際の写真

  • ビートルズのコンサートで熱狂するファン達。1963年シェフィールド。

  • 1964年パリ公演の際のファン達。

  • 当時のイギリスの首相ハロルド・ウィルソンとビートルズ。

  • 1965年にはエリザベス女王からOrder of the British Empire(大英帝国勲章)を与えられた。

  • 1965年フランス、ニースにて撮影。

  • シングル曲、HELP!のビデオの撮影の時の様子。

  • 映画 A Hard Day's Nightの撮影中、ファン達を規制する警察官の様子。

  • 1966年ドイツ、エッセンにてビートルズファン達を規制する警察官たち。

  • ロンドンの空港にて、アメリカに出発するビートルズを巨大なバナーを掲げて送りだすファン達。

  • 1967年の撮影。この頃からビートルズは新たなスタイルに突入する。

  • All You Need Is Loveのメッセージを掲げるメンバー。

  • 1969年リリース、有名なアビーロードの写真。

イギリスの新しいスターたち

イギリスの新しいスターたち

戦後、黒人音楽のブルーズから発展したロックミュージックがアメリカにて生まれます。
50から60年代にかけて、アメリカではエルヴィス・プレスリーをはじめ、チャックベリー、リトルリチャード、バディーホリーなどのスターが生まれ、アメリカのロックミュージックの黄金期とも言える時代が起こりました。
その音楽はビートルズを始め、イギリスの若い世代のミュージシャン達に大きな影響を与えました。
それぞれの違いはあるものの、彼らはそのアメリカのロックをルーツに、イギリスの社会や時代の感覚に合わせた歌詞とスタイルを確立し、大きな人気となりました。
アメリカが主流であったポップミュージックの世界をこの世代のイギリスの音楽の人気が席巻したことから、アメリカ側からこの時代のミュージシャンたちのムーブメントをBritish Invasion(イギリスの侵略)と呼ぶこともあります。

  • Elvis Presley

  • Chuck Berry

  • Buddy Holly

  • Fats Domino

  • Little Richard

  • Gerry & the Pacemakers

  • The Rolling Stones

  • Dusty Springfield

  • The Kinks

  • Donovan

  • The Animals

  • The Dave Clark Five

  • Lulu

  • Marianne Faithfull

  • The Who

  • Pink Floyd

ビートルズ、その時代

ビートルズ、その時代

1960年代はイギリスをはじめ、欧米世界では大きな文化のターニングポイントとなりました。
イギリスでは60年代フェミニズム運動が活発化し、女性解放がうたわれ、また同性愛者の公民権運動もその高まりを見せました。
イギリスのデザイナーMary Quantは若い女性たちをその洋服で解放し、時代のアイコンとなったTwiggyは彼女たちの憧れの的となりました。
50年代の戦争後の貧しいムードがやっと抜け始めた60年代のイギリス、若者たちの文化が一気に花開きます。
この時代ビートルズをはじめ、多くの才能あふれるミュージシャンたちが現れたのも必然的だったのかもしれません。

  • Mary Quantのデザインは60年代の代名詞となった。また彼女はミニスカートの最初の考案者の一人と考えられている。

  • TwiggyことモデルのLesley Lawsonは60年代を代表するモデル以上の存在であった。

  • ロンドンにて、女性解放運動活動家と、その前に立つ若い世代のミニスカートを履いた女性たちの姿。

  • 映画「オースティン・パワーズ」はまさに、60年代のイギリス、特にロンドンの文化的隆盛を表す「Swinging London」と呼ばれる時代を舞台にしている。

  • モデルであり、フォトグラファーのPattie Boyd。ビートルズのジョージハリソンと結婚した。

  • British Motor Corporationによって発売された、ミニと呼ばれる車のシリーズは60年代の大衆車として人気となった。ビートルズのメンバー達も所有していたという。

  • 労働者階級の若者たちの間で流行したモッズもまた60年代を代表するサブカルチャーである。初期ビートルズの、ダークな細身のスーツのスタイルもモッズのスタイルである。

  • 1966年のイングランド、ワールドカップ初優秀もこの時代のイギリスを活気づける一因となった。

  • 60年代後半、ビートルズもサイケデリック音楽に傾倒した事は有名だが、アメリカから始まったヒッピー文化はイギリスにも広まった。

  • 1968に撮影された「Make Love Not War」と書かれたサングラスをかける女性の姿。ベトナム戦争に対する反戦運動はイギリスでも起こった。

過去の特集
お問い合わせ・ご相談無料

お電話でのお問い合わせ 03-3264-3761 受付時間:月〜金 10時〜19時

メールフォームへ