ログイン・会員登録
ログイン・会員登録メールフォームへ

SPECIAL FEATURE 特集ページ

Pirates “Where there is a sea, there are pirates”

Pirates “Where there is a sea, there are pirates”

海賊の歴史は古く、古代ギリシャの叙事詩や伝説にも登場し、8世紀の北欧のヴァイキング、そしてアジアでも倭寇と呼ばれる海賊が中国や朝鮮の沿岸を荒しまわりました。数こそ激減したものの、海賊行為は現在も横行し、多くの船舶が海賊の被害を受けています。それにもかかわらず、海賊を題材とした小説や映画は高い人気を誇り、海賊という生き方は多くの少年たちに夢とロマンを与え続けています。財宝を求めて船を操り、7つの海をまたにかけた海の冒険家。今回は海賊について特集いたします。

バルバリア海賊

バルバリア海賊

北アフリカ海岸を拠点としたイスラム教徒の船乗り達、それがバルバリア海賊です。その活動範囲は広域にわたり、地中海をはじめ、バルト海、インド洋、大西洋、アメリカ近海、そしてカリブ海にも進出。とくに「赤髭」と呼ばれヨーロッパ人から恐れられた大海賊 Hayreddin Barbarossa (c.1478 – 1546) は、1538年のスペインとのプレヴェザ海戦の勝利を導いたことで有名です。

  • Aruj Barbarossaor (c. 1474 – 1518) Hayreddin Barbarossa の実兄。

  • The Barbarossa Brothers. Hayreddin と Aruji 兄弟。

  • バルバリア海賊船。

  • バルバリア海賊船。ダーダネルス海峡にて。

  • バルバリア海賊船。

  • 黒海でのバルバリア海賊とコサック海賊との戦う様子。

  • Ivanovich da Dabrota 率いるベネチア軍とバルバリア海賊。

  • 対イギリス軍。

  • 対スペイン軍。

  • スペイン軍へ攻撃を仕掛けるバルバリア海賊。

  • バルバリア海賊たちが、アルジェリアのフランス領事を大砲でフランス艦体に送り返そうとする様子。

  • アメリカと北アフリカのカラマンリー朝との間に2度起きたバーバリ戦争。アメリカ船フィラデルフィア号が海賊によって燃える様子。

私掠船

私掠船

15世紀半ば、長い間イスラムの圧迫を受けていたポルトガルとスペインでは、イスラム勢力を駆逐し、そして新たな交易ルートの確保するため、両国は競い合って海に乗り出して行きました。大航海時代の始まりです。その勢いを止めるべく、イギリスとフランスは民間船に私掠勅許状を与え、敵国の船を襲い略奪させます。フランスでは "Corsair" コルセア と呼ばれました。

  • Francis Drake (1540 – 1596) イギリスの私掠船船長。彼の苗字はスペイン語で Draque と綴り、海賊行為で苦しめられていたスペイン人は彼を「ドラコ」や「エル・ドラケ」、”悪魔の化身"ドラゴン"と呼んだ。

  • イギリスのQueen Elizabeth とFrancis Drake、そしてガレオン船ゴールデン・ハインド号の乗組員達。

  • Francis Drake の 実筆とサイン。

  • Jean Bart (1650 - 1702) フランスの私掠船船長。

  • Jean Bart (1650 - 1702)

  • アルジェリアのコルセア。

  • Robert Surcouf (1773 - 1827) フランスの私掠船船長。

  • Robert Surcouf がイギリスの船 "Triton" に乗り込む様子 (1796年)

  • 私掠船の模型。

  • A Spanish Treasure Ship Plundered by Francis Drake (c.1540-96) in the Pacific

  • 18世紀の英仏戦争中には、数多くの私掠船が活動した。

  • アメリカの南北戦争。南部連合政府は私掠船免状を発行。

バッカニア

バッカニア

16世紀初め、スペイン人たちは植民地で次々と銀山を発見しました。その財宝を運ぶ船をねらった海賊たちがカリブ海に出没するようになります。フランスやイギリスの失業者、荒くれや逃亡者が生きるために海賊となり、彼らは「バッカニア」と呼ばれました。その呼び名は西インド諸島の原住民が作る日干し肉 “buccaning” を航海食としたことに由来します。私掠船は掠奪後、捕虜を解放するというのが普通でしたが、海賊は身代金をとる場合を除き例外なく乗組員を殺し、船を沈めました。

  • Henry Morgan (c.1635 - 1688)

  • Bartholomew "Black Bart" Roberts (1682 - 1722) 通称「ブラック・バート」

  • Bartholomew Roberts (1682 -1722) Roberts が捕らえた船は400隻にのぼり、海賊史上最高の記録とされている。

  • Edward "Blackbeard" Thatch (c.1680 - 1718) 通称「黒ひげティーチ」 ヴァージニアで晒首となり最後を迎える。

  • Anne Bonny (1700? - 1782? ) アイルランド出身の女海賊。多くが謎に包まれた人物であるが、女海賊の代名詞とも言われ、多くの伝説を残している。

  • Mary Read (? -1721) 18世紀にカリブ海で活動した女海賊。Ann Bonny と共に John Rackam (1682 ‐1720) の船に乗り込んだ。

  • Charlotte de Berry (1636 - ?) イギリスの女海賊。アフリカ沿岸で金輸送船を次々に襲った。

  • George Lowther (? - 1723) 18世紀のイギリスの海賊。大西洋とカリブ海を中心に活躍。

  • Howell Davis (c.1690 - 1719) 大西洋・カリブ海の海賊。

  • The Pirate's Own Book', published in Philadelphia, 1837 「板歩かせ」と呼ばれる方法。船の舷から海へ突き出した板の上を目隠しして歩かせ、海中に落として溺死させる。

  • 1545年、スペイン人たちは南米に巨大なPotosi 銀山を発見した。

  • A 'Piece of Eight', dated 1714. "8 Escudos" と呼ばれるスペインの硬貨。

  • ジャマイカのポートロイヤルは、バッカニア海賊の根拠地で地球上最も裕福な地であったが、1692年6月に起きた地震と津波で一瞬にして地上から姿を消した。

7つの海の海賊たち

7つの海の海賊たち

海賊は、出現した時代や活躍した地域により、その呼び名や形態は変わります。商売に行き詰まった商人、職を失った元海軍兵、漁業だけでは生計が立たない漁師達… そもそも、人々が海賊になる理由は何なのか。それはただひたすら生きるためであり、これが基本的な海賊の一形態です。現在、ソマリア近海で海賊が横行し国際的な懸念を呼んでいます。ソマリア国内の政治的混乱と貧困という根本的な問題の解決なくして、海賊問題の根絶はありえません。

  • Alvilda 女性 北海・バルト海を中心に活躍したと言われる、最も古い時期に属す女海賊。

  • William "Captain" Kidd (c 1654 - 1701) インド洋で活躍。Kidd の財宝は伝説となり、複数の作家がその財宝を題材とした小説を執筆している。

  • Kidd は絞首刑になり、見せしめのため数年間テムズ河の上で晒物となった。

  • Edward England アイルランド生まれ。アフリカ海岸~インド洋を中心に活動。人道的な感情を捨てきれない海賊であったEngland に呆れた部下たちは、England をモーリシャス島に置き去りにした。

  • Henry "Long Ben" Avery (c.1653/59 - after 1696) イギリスの海賊。大西洋~インド洋で活動。通称「のっぽのベン」

  • Ali Khoja (1816 - 1818) インド洋で活躍したアルジェリア出身のアラブ海賊。主にイギリス東インド会社の船を襲った。アラブ海賊は、東インド会社によって通商を奪われたアラブ商人で構成されていた。

  • 鄭一嫂 チン・シー 中国の女海賊。

  • 徐亞保 チュイ・アプー (? - 1851) 中国の海賊。

  • コルセアの使用したチェスト。

  • Cat-o'-nine-tails と呼ばれる鞭。

  • 海賊が使用した鉄砲。

  • 死刑宣告書。1722年に8人の海賊が死刑判決を受けた。

過去の特集
お問い合わせ・ご相談無料

お電話でのお問い合わせ 03-3264-3761 受付時間:月〜金 10時〜19時

メールフォームへ